• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACE:Rであまりにも不遇なあの人達・・・

今日も今日でACE:R。

さて、ここまで来てようやくわかったのだがギアス勢の扱いが酷い。
・機体が総じて紙装甲
・ギアスルートを選ぶと第一、第二ミッションが鬼畜

とにかく後者が露骨で、何週かしている人でも普通に狩られるくらいに難しい。
というか難易度設定を間違えて無いかフロム・・・?
そのマクロスFへの愛を少しはギアスにもあげようぜ・・・
スポンサーサイト

うっかり一周目クリア

気付いたら一周目をクリアしていたでござる。
操作になれてしまえば後は案外あっさりと進むものなのね。

今回のACEはどうもスパロボを無理矢理アクション化した感じがした。
よくよく考えてみればテンションゲージの時点でそうだったのだが・・・

イベントもスパロボ風、というより今までのACEとは全然違う。
どうも観る部分よりも読む部分を優先しているらしく、動きが全然少ない。
面倒な用語説明なんかはブリーフィングやらで済ませていた過去作とは全然違うよ!

そして気になったのがマクロスFのイベント面での優遇っぷり。
もうね、マクロスマクロスランカチャーンヤックデカルチャーですよ。
これだけ本当に原作再現やら何やらに力を入れている感じ。
スタッフあんたら超時空シンデレラと銀河の妖精大好きだろ・・・

ただ、ゲームとしてみるのであれば評価は変わってくる。
今までのACEのようなロボ無双ではなく、純粋なロボットアクションゲームといった感じ。
戦闘演出や戦闘の難易度、操作性はかなり良い。
慣れれば慣れるほどやりたい動きが出来るあたり、フロムらしが出ている。
無理だ無理じゃね無茶ぶりだろと思う難易度でも実はクリアできたりする。
そういう部分はちゃんとフロムソフトウェア製なんですよね。

帰ってきてしまったACE「Anather Century’s Episode:R」

さて発売日は昨日ですが翡翠は今日から。
Anather Century’s Episode:Rの紹介です。

今作はロボットアクションゲームです。
様々なゲームやアニメの機体を乗り回す事ができるアクション版スパロボとでも言うべきか。

早速起動してHDDにゲームをインストール。
まさかのインストール中にチュートリアルが出来るという親切設計。
フロムらしくない・・・だが素直にうれしい。

だがその操作が従来のACEシリーズと変わっている。
特殊武装がテンション(敵を攻撃したりして溜めるMPみたなもの)を消費しないと使えないとか。
これはこれでありだけど慣れるのに時間がかかりそうです。

少しプレイしたばかりの感想ではありますが、難しい。
難易度が高いというより操作が難しいといった難しさ。
こう避けたい時に咄嗟に避けれなかったり撃ちたい時に撃てなかったり。
慣れればどうにかなるかな?とにかくそんな初日。

縛りデモンズ

さてデモンズの縛り「魔法・奇跡禁止の物理武器オンリー」ですが、
これがなかなかうまく決まらない。

暫定案
-回復道具は許可(禁止にしても祝福装備で回復出来るのでグダグダに)
-武器強化は禁止(竜+5でほとんど突破できてしまうため)
-Lvアップは許可(マンイーター・オーラントが無理ゲー)
-ソウル体縛り(青・黒防止)
-1度クリアしたエリアへの浸入禁止(稼ぎ対策)

こんなところ。
もう少し煮詰める必要がありそうですがこれでも良いような気も。
とにかく最後まで、出来る限りグダグダにならないように、を目指して頑張ります。

縦横無尽に傍若無人「JUSTCAUSE2」

友人からおもしろいよ!とのことで借りたソフトの紹介。
やっぱり他の人からオススメされたソフトってのは外れが少ないですね。

さて本題。
本日紹介するのは「JUSTCAUSE2」。
完全な一人プレイ専用ソフトのTPSアクションゲームです。
ゲーム内容はミッションなんかをこなしつつ自由に遊ぶ。というもの。
グランドセフトシリーズに近いコンセプトですね。

といっても、その自由度がちょっとおかしい。
《グラップリングフック》という様々な用途につかえるアンカーがあるのですが…
このアンカー、冗談抜きで目に見える物全てに対して使える。
どこにでもある樽や箱はもちろん、建物から車まで、挙句の果てには飛行機にも引っかかる。
さらに車やバイクなんかの乗り物にアンカーを引っかけると、
相手の乗り物を無理やり奪う事すら出来る。
さらにさらに、敵のヘリに当てた後に近くの電柱に結びつけるなんて恐ろしい事まで…

そしてこれを使って移動をすれば、どんな高さの高層ビルにでも登れてしまう。
勿論、断崖絶壁もいけるし山も普通に上れる。
高層ビルの頂上から近くを飛んでいたヘリを奪う。
冗談じみた事ですがそれが普通に出来てしまうんですね。


全体的に操作が複雑なのもあり、少しとっつきにくい印象を受けますが、
そこを超えてしまえばかなりの自由度が待っているので、翡翠からもオススメします。
グランドセフトシリーズが好きな人なんかは是非とも。

なんと無料体験版も配信中だそうで。
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

JADE-REGIONN

Author:JADE-REGIONN
動画作ったりゲームやったり自由な男。
SkypeIDとかは↓からどうぞ。
プロフィール

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。