• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

類語辞典・語彙辞典

今日も学校からコンニチハ。
…授業はちゃんと(ry

昼休みの雑談タイムでいろいろと収穫がありました。
「語彙辞典?類語辞典の間違いじゃね?」
と言われていろいろ話しただけな気もするけど。

語彙辞典でも使えるのは使えるそうですが、
類語辞典に比べ細かく書いてあるので使いにくいんだとか。

それと資金がないなら図書館で借りればいいじゃない、とのアドバイスも。
勿論ですが類語・語彙辞典は貸出しが禁止の場合が多いです。
借りるのは小説、レギオスも借りて読めばいいじゃないということ。
資金の問題はたしかに解決するんですけど…
結構な頻度で返し忘れるのでちょっと考えたいところ。

ネットにフリーの類語辞典とか落ちていればなぁ。
スポンサーサイト

書きたいが書けぬ。ならば読む

頭が痛い…風邪でもひいたかな?

何かを書くぞ!となったもののアイデアが出ない今日この頃。
ということで久々に新しい何かを読んでみようかなと思ってます。

小説を書きたいと思うきっかけが
「良い作品や気になる作品を読んだから。」という人が多いです。
私もそうでしたね。図書室で何気なく読んでイイナーと思って先輩に色々聞いて。
…まぁ、先輩には申し訳ないけど駄文しか量産できないわけでorz

自分で小説を書く時の参考として読むとまた違う感じがするんですよね。
「こういう伏線の張り方もあるのか」「こう魅せるのか…」
何気ない表現も大事な事に気付いたりします。
純粋に作品が楽しめて無いとも言いますけどね…

何気なく読めば書きたくなる。
参考に読めばまた書きたくなる。

なので暇と資金があればまた小説を読みたいな、と思っています。
随分前から読みたかった「鋼鉄のレギオス」とやらも読んでみようかな。
…資金があればorz

そろそろ書こうぜ・・・

文字色テストも終わったので前に投下したブツをどうにかすることに。
相変わらず帯に短し襷に長し状態ですが。

さて、物語を盛り上げる時に重要な伏線
これは後の話を盛り上げるための布石です。
前に観に行った20世紀少年はコレが絶妙で…
一度観ることを推奨しますw

とと、でコレがどのくらい重要かと言うと
小説である以上最低限必須だそうです。
これについては本当に厳しく教えていただきました(((・д¢;)))

予告通り?追記
伏線は後への布石の他に物語や事象・人物との関連付けという効果があります。
それと、伏線と呼ぶと難しいですけど、
フラグと呼べばなんとなく理解できる人もいると思います。
「帰ったら俺、結婚するんだ。」
俗に言う死亡フラグの典型例ですね。
これを少し伏線っぽくするのなら
・その人物が花(指輪でもよし)を買っている。
・付き合っている等のうわさがある。
でもって死に際に「実は俺には付き合ってる人が」
みたいな事を言わせれば伏線回収完了ですね。

こう観れば簡単なんです、伏線って。
それでも何故大事かというと、伏線は先程言ったように、
物語や事象・人物との関連付けというものがあります。
なので、伏線が無いと物語が繋がらないんです
短編集ならともかく、長編物だと致命的です。
といっても、普通に物語を書いてればある程度自然に伏線を張れるので大丈夫だそうです。

・・・そろそろ何か書かないとな(・ω¢`)

図書館は静かで神秘的

語彙辞典のために図書館に行ってきたりしますが
あそこは静かで快適だったりしますね。

さて、今日もちょいと調べ物。
小説書こうとすれば色々と準備が必要ですよね。
物語。構成。世界観etc
その中でも地味に大事な位置にある《名前》

FFの世界観に「角栄」とか出てきたら浮きまくりですよね?
じゃ横文字で「ハニャラッポ・ニャラッパ」なんてしても浮きますよね。

前者は世界観に名前が合っていない。
後者は名前として少しおかしい。


名前は物語には干渉しませんが作品には干渉します。
だからこそ大事に決める必要があるんです。

じゃどうすればいいの?となるとは思いますが。
わかりません
周りの人に聞くと赤ちゃんの名前辞典やら
ドイツ語やら英語やら様々な参考を聞きますが、
自分の作品の世界観に合ってるかどうかはぶっちゃけ自分しかわかりません。

日本人に「マイケル」がいないように、貴方の世界にもあり得ない名前があるはずです。
そして「角栄」のように日本で違和感が無いような名前が貴方の世界にもあります。
それを探すのは、その世界観を作り上げた貴方のお仕事です。


と、いつの日か誰かに聞いたお話でした。

PCはCDを燃料に動いている?

ウィーンガコン
ガッタギャギャギャギャ
チッチッチッチッ・・・
CD喰われた
その後ちゃんと回収。お前もそろそろ限界なのか。

さて、そんな限界なPCで今日も小説ネタを書く。
普段、俺達が聞く””を言葉にしたもの《擬音》。
漫画なんかでは良く使われますね。
ですが小説ではかなり使われません。というか使えません。
これは書いてみればわかります。

ドカーン、そんな音を立てて機体は爆散した。


文にすると何かおかしいですよね?
で、これを小説として書きかえると

閃光、そして耳を貫くような音を立てて、機体は爆散した。


まこんな感じですよね。(駄文サーセン)
小説は擬音をどう文にするかも重要なんです。

一応、ここを見てる人がいるかもしれないので今の内に言っておきます。
俺が言ってる事は正解ではないです
擬音を含めて小説を書くのが正しいかもしれません。
ですが、俺はそう学んできたので擬音はあまりよろしくない。
と言っております。
あくまで一つの考えである、と言う事を御理解して頂けると助かります。
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

JADE-REGIONN

Author:JADE-REGIONN
動画作ったりゲームやったり自由な男。
SkypeIDとかは↓からどうぞ。
プロフィール

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。